骨盤矯正の注意点や効果的なアイテム

骨盤矯正の注意点

骨盤矯正,注意点,効果的,アイテム,産後,期間

 

骨盤矯正を行う前に、まずは日常的に骨盤を歪ませる習慣を改めることが大切です。矯正では施術やバンド等で矯正するのが正しいと勘違いをしている人がいるが、骨盤の歪みは日々の生活の中の積み重ねで起こりどれだけ骨盤矯正を頑張っても普段の姿勢を気を付けないと直ぐに歪んでしまいます。

 

正常な骨盤を維持するためには、正常な骨盤の位置を維持するには、骨盤を歪ませる習慣は辞める事です。矯正の効果は直ぐに出ない事で、骨盤矯正で骨盤の位置を戻すると矯正の効果が得られるわけではないです。本来は骨盤に繋がる筋肉や仙腸関節等の関節を調整して、それから骨盤を調整して体全体の歪みを整えます。

 

それまでの姿勢の歪みから筋肉や関節のバランスが崩れると、それが正しい位置に戻るまでに時間がかかります。このため、1回の施術だけでは効果が現れないのです。矯正だけでは全ての問題が治らず、整体なで売りにしている文句には一人の人間に全てが効果が出るわけではないです。

 

骨盤協を行う骨盤の歪みが原因で起こった不調は改善するが、それ以外の原因により起こった不調は改善出来ないです。骨盤矯正を行うと、骨盤や体のバランスが整えられます。

骨盤矯正アイテムの種類

骨盤矯正,注意点,効果的,アイテム,産後,期間

 

骨盤矯正アイテムの種類にはいくつか種類がありますが、その中でもガードルとベルトとチェアについてを紹介します。

 

骨盤矯正ガードルは履くだけで骨盤周りを適度に締め付けてくれて、骨盤を閉めながら動くと腰周りの筋肉の緊張が取れて傾いたり開いたりしていた骨盤が正しい位置に戻る効果が期待出来ます。

 

パンツは素肌に直接履けて普段の生活と何も変わらないで、24時間骨盤ケアが行えるのが最大のメリットです。ガードルは下着の上から履いて、パンツよりもしっかりと腰回りを支えてくれます。骨盤矯正だけではなく、下腹部や太もものシェイプアップも出来ます。

 

骨盤矯正用ベルトは、名前の通り骨盤を正しい位置にキープして支えるベルトです。伸縮性のある素材で作られていて、足の付け根に巻く事で骨盤をしっかりと支えて開いたり捩じれたりしている骨盤をゆっくりと正常な位置に戻す効果があります。

 

体がコルセットに頼り切りにならないために、痛みが落ち着いたら外します。骨盤矯正チェアやクッションは、座るだけであるのが手軽さから大きな魅力です。椅子の上に置いて座るだけで骨盤の開きを締めてくれるチェアや、1日15分間座るだけで歪みが解消されるクッションやマッサージ機能まで付いた高機能チェアまで様々な種類があります。

 

デスクワークの人におすすめで、正しい姿勢と骨盤維持に効果が期待出来ます。

骨盤矯正はどれくらいの期間やった方がいい?

骨盤矯正,注意点,効果的,アイテム,産後,期間

 

骨盤矯正は1回行っただけでは効果は出ません。基本的にゆっくりと時間をかけて骨盤の歪みを正しい位置に戻す事にあり、骨盤の歪みは一時的に骨盤矯正で解決しても骨盤矯正の前の歪んだ位置に何度でも戻ろうとします。

 

骨盤の歪みを治すどころか整体に通うお金や時間もかかり、中には治療のために通っていたのに悪化したと感じる人もいます。骨盤矯正に通う人は平均的に2か月から3か月程度通う人が多く、長い人では数年単位で通う人もいます。数年通う人は骨盤の歪みが大きい人で、特徴としては下半身太りがしやすくむきみやすい人です。

 

個人差はあるが骨盤矯正に通うと、明らかに違いが出たと感じやすいのもこのタイプです。骨盤矯正を始めたばかりの人は自分の身体の変化を感じやすいが、何回も通うと大きな変化に気が付けなくなり本当に骨盤矯正は効果があるのか疑問に感じる人もいます。

 

骨盤矯正に通うペースを毎日希望する人もいるが、1か月に1回程度通う人が1番多いです。通う頻度が多い人程骨盤矯正の効果が早く出やすいのは間違いないが、そういうわけには中々いかないです。しかし、骨盤矯正は毎日通わなくても、定期的に通うだけで十分に効果を実感出来ます。

産後の骨盤矯正はいつからするべき?

骨盤矯正,注意点,効果的,アイテム,産後,期間

 

骨盤矯正は産後の身体が柔らかい時に始めるのが良いとされていますが、時期に合わせて行うのが大切です。出産直後の骨盤は柔らかく骨盤矯正に適している時期になり、しかし同時に出産直後の体は妊娠前の状態に戻ろうとするため様々な機能が働いている時期でもあります。

 

特に出産1から2か月間は産褥期と呼ばれ、子宮内膜の欠片や子宮内に残っている血液等が排出されるので不正出血のような症状が続きます。この時期は激しい運動や整体等の施術は避けて、体の回復を助ける産褥体操等に留めると良いです。

 

慣れてきたら、少しずつ回数を増やしたり負荷を強くしたりしていきます。また骨盤矯正ベルトを使った方法もおすすめで、骨盤矯正ベルトは様々な商品があるが中でも産婦人科医が公認しているトコちゃんベルトがおすすめです。産褥期を過ぎて体が十分回復したら、無理のない範囲で骨盤矯正体操を取り入れていけます。

 

それはだいたい産後2か月後で、骨盤体操には様々種類があり自分に合ったものを行います。毎日行う事で効果が感じられるので、毎日行う必要があります。産後の骨盤矯正をいつ始めるのかは、自身の体調の回復度合いに合わせる事が大切です。

 

また産後は身体が産前の状態に戻ろうと変化しているので、骨盤矯正の方法も少しずつ変えていく必要があります。

シェイプビクトリー着圧スパッツのご注文はこちら!トップページへ太い大根脚がコンプレックスの方、手軽に骨盤をケアにしたい方は、トップページでシェイプビクトリー着圧スパッツの詳細をチェックしてみてください。